EEG増幅器 / EMG / PE / ECG
1700

{{requestButtons}}

特徴

  • シグナル:

    EEG, EMG, PE, ECG

  • チャンネル数:

    4 チャンネル

  • 応用:

    医療研究用

詳細

切除可能なTISSUE
録音に最適。複数ユニットの録音、誘発電位、
EEG/EMG/EKG/ERG録音、長期的なポテンションなどに最適です。

Model 1700差動ACアンプは、研究室や教育環境など、興奮性組織の記録に最適です。

Model 1700差動ACアンプは、1つのエンクロージャに4つの独立したアンプ・チャンネルを内蔵しており、研究者は複数の信号を同時に記録することができます。 各チャンネルは、高ゲイン、低ノイズの差動段に続いてローパス、ハイパス、ノッチ・フィルタを内蔵しています。 また、スティミュレータ入力にも接続されているため、ケーブルを変更することなく、同じ電極を介して記録または刺激が可能です。

標準のゲイン設定は、x100、x1000、またはx10,000ですが、特定の要件に合わせて変更できます。 ハイパスフィルターとローパスフィルターは2次バターワースフィルターです。ゲインと同様に、必要に応じて標準設定を変更できます。

Model 1700差動ACアンプは、低インピーダンス(<1.5MΩ)の電極で使用するように設計されているため、吸引、神経カフ、フック、表面、および単純な金属電極での使用に適しています。 ニューラルスパイク作用電位を記録するときに使用されるようなインピーダンスの高い電極から記録したい状況では、オプションの記録のみヘッドステージを利用できます。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)