ポリクローナル抗体試薬 AC001
ウェスタンブロット法用免疫組織化学用免疫蛍光用

ポリクローナル抗体試薬
ポリクローナル抗体試薬
ポリクローナル抗体試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
ポリクローナル抗体
用途
ウェスタンブロット法用, 免疫組織化学用, 免疫蛍光用
由来
動物性

詳細

背景 詳細はABclonalのウェブサイトをご覧ください。 免疫原情報 免疫原 - ヒトGAPDH(NP_002037.2)のアミノ酸1〜335に対応する配列を含む組換え融合タンパク質。 配列 - ヒトGAPDH(NP_002037.2)MGKVKVGVNGFGRIGRLVTRAAFNSGKVDIVAINDPFIDLNYMVYMFQYDSTHGKFHGTVKAENGKLVINGNPITIFQERDPSKIKWGDAGAEYVESTGVFTTMEKAGAHLQGGAKRVIISAPSADAPMFVMGVNHEKYDNSLKIISNASCTTNCLAPLAKVIHDNFGIVEGLMTTVHAITATQKTVDGPSGKLWRDGRGALQQNIIPASTGAAKGAVGKVIPELNGKLTGMAFRVPTANVSVVDLTCRLEAKYKPYDDIKKVVKQASEGPLKGILGYTEHQVVSSDFNSDTHSTFDAGAGAGIALNDHFVKLISWYDNEFGYSNRVVDLMAHMASKE 遺伝子ID - 2597 スイス製プロトピック - P04406 同義語 - G3PD; GAPD; HEL-S-162eP; GAPDH 計算されたMW - 31kDa/36kDa 観測されたMW - 36kDa アプリケーション 反応性 - ヒト、マウス、ラット テスト済みアプリケーション - WB IHC IF IP 推奨希釈度 - WB 1:1000 - 1:10000 IHC 1:50~1:100 IF 1:20~1:50 IP 1:20 - 1:50 保存バッファ - -20℃で保存してください。フリーズ/解凍サイクルを避けてください。 緩衝液PBS 0.02%アジ化ナトリウム、50%グリセロール、pH7.3。 アプリケーションキー - ウェスタンブロッティング 免疫組織化学 免疫蛍光免疫沈降法 陽性サンプル - HeLa、293T、HepG2、マウス肝臓、マウス脾臓、マウス腎臓、ラット肝臓、ラット脾臓、ラット腎臓 細胞の位置 - 細胞質、膜、核、細胞骨格、細胞胞、核周囲領域 カスタマーバリデーション (MSC細胞) WB(ホモ・サピエンス、ムスカルス、ラータス・ノルベギクス、サス・スクロファ) Co-IP(シロイヌナズナ) ELISA(ムズムズ)

---

カタログ

AC001
AC001
2 ページ

ABclonalのその他の関連商品

Tag and Loading Control Antibodies

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。