ポリクローナル抗体試薬 A1002
ウェスタンブロット法用免疫組織化学用免疫蛍光用

ポリクローナル抗体試薬
ポリクローナル抗体試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
ポリクローナル抗体
用途
ウェスタンブロット法用, 免疫組織化学用, 免疫蛍光用

詳細

概要 商品名 - [KO Validated] YAP1ウサギ pAb カタログ番号 - A1002 宿主種 - ウサギ 精製方法 - アフィニティ精製 アイソタイプ - IgG 背景 本遺伝子は、発生、成長、修復、恒常性維持に関与するヒッポシグナル伝達経路の下流核エフェクターをコードしています。この遺伝子は、このシグナル伝達経路の転写調節因子として、複数の癌の発生や進行に関与していることが知られており、癌治療の潜在的なターゲットとして機能している可能性がある。代替スプライシングにより、異なるアイソフォームをコードする複数のトランスクリプトバリアントが形成される。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る

ABclonalのその他の関連商品

Polyclonal Antibodies

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。