サイトカイン試薬 A1112
ウェスタンブロット法用免疫蛍光用プロテイン

サイトカイン試薬
サイトカイン試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
サイトカイン
用途
ウェスタンブロット法用, 免疫蛍光用
検査パラメータ
プロテイン

詳細

概要 商品名 - IL1 β ラビット pAb カタログ番号 - A1112 宿主種 - ウサギ 精製方法 - アフィニティ精製 アイソタイプ - IgG 背景 この遺伝子によってコードされるタンパク質は、インターロイキン1サイトカインファミリーの一員である。このサイトカインは、活性化されたマクロファージによってプロタンパク質として産生され、カスパーゼ1(CASP1/ICE)によって活性型にタンパク質分解的に処理されます。このサイトカインは炎症反応の重要なメディエーターであり、細胞増殖、分化、アポトーシスを含む様々な細胞活性に関与している。このサイトカインによる中枢神経系(CNS)におけるシクロオキシゲナーゼ-2(PTGS2/COX2)の誘導は、炎症性疼痛過敏症に関与していることがわかっています。この遺伝子と他の8つのインターロイキン1ファミリー遺伝子は、第2染色体上にサイトカイン遺伝子群を形成しています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る

ABclonalのその他の関連商品

Polyclonal Antibodies

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。