ポリクローナル抗体試薬 A1578
ウェスタンブロット法用免疫蛍光用ビタミン

ポリクローナル抗体試薬
ポリクローナル抗体試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
ポリクローナル抗体
用途
ウェスタンブロット法用, 免疫蛍光用
検査パラメータ
ビタミン

詳細

概要 商品名 - 第IX因子/F9ウサギpAb カタログ番号 - A1578 宿主種 - ウサギ 精製方法 - アフィニティ精製 アイソタイプ - IgG 背景 この遺伝子はビタミンK依存性凝固因子IXをコードしており、不活性なザイモゲンとして血液中を循環している。この因子は第XIa因子によって活性型に変換され、活性化ペプチドを除去することで、1つ以上のジスルフィド結合によって結合された重鎖と軽鎖を生成します。血液凝固カスケードにおけるこの活性化された第IX因子の役割は、Ca+2イオン、膜リン脂質、および第VIII因子との相互作用を介して第X因子を活性型に活性化することである。点突然変異、挿入および欠失を含むこの遺伝子の変化は、第IX因子欠乏症を引き起こし、これは、血友病Bまたはクリスマス病とも呼ばれる劣性のXリンク障害である。代替スプライシングは、同様のタンパク質分解処理を受ける可能性のある異なるアイソフォームをコードする複数のトランスクリプトバリアントの結果となります。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る

ABclonalのその他の関連商品

Polyclonal Antibodies

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。