酵素試薬 AE011
ウェスタンブロット法用免疫組織化学用免疫蛍光用

酵素試薬
酵素試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
酵素
用途
ウェスタンブロット法用, 免疫組織化学用, 免疫蛍光用
検査パラメータ
プロテイン

詳細

概要 商品名 - ウサギ抗GFP-Tag pAb カタログ番号 - AE011 宿主種 - ウサギ 精製方法 - アフィニティ精製 アイソタイプ - IgG 背景 緑色蛍光タンパク質(GFP)は、青色から紫外域の光を照射すると鮮やかな緑色の蛍光を示す238アミノ酸残基(26.9 kDa)からなるタンパク質で、他の多くの海洋生物にも同様の緑色蛍光タンパク質が存在するが、伝統的にはクラゲのAequorea victoriaから初めて単離されたタンパク質を指す。他の多くの海洋生物も同様の緑色蛍光タンパク質を持っていますが、GFPは伝統的にクラゲのAequorea victoriaから最初に単離されたタンパク質を指しています。A. victoria からの GFP は、波長 395 nm の主要な励起ピークと 475 nm のマイナーな励起ピークを持っています。その発光ピークは、可視スペクトルの低緑色部分にある509 nmである。GFPの蛍光量子収率(QY)は0.79です。ウミパンジー(Renilla reniformis)からのGFPは498 nmで単一の主要な励起ピークを持っています。GFPは、任意の付属の補因子、遺伝子産物、または分子状酸素以外の酵素/基質を必要とせずに内部発色団を形成する能力のため、生物学の多くの形態で優れたツールになります。それは、バイオセンサーを作るために修飾された形態で使用されており、多くの動物は、遺伝子が所定の生物全体で、選択された器官で、または関心のある細胞で発現することができるという概念の証明を示すGFPを発現することが作成されています。GFPは、トランスジェニック技術を用いて動物または他の種に導入し、そのゲノムおよびその子孫のゲノムに維持することができる。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る

ABclonalのその他の関連商品

Tag and Loading Control Antibodies

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。