酵素試薬 A5176
グルタミン酸ウェスタンブロット法用免疫組織化学用

酵素試薬
酵素試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
酵素, グルタミン酸
用途
ウェスタンブロット法用, 免疫組織化学用, 免疫蛍光用
検査パラメータ
グルタミン酸脱水素酵素, ATP, アンモニア

詳細

概要 商品名 - GLUD1 ラビット mAb カタログ番号 - A5176 宿主種 - ウサギ 精製方法 - アフィニティ精製 アイソタイプ - IgG 背景 この遺伝子はグルタミン酸脱水素酵素をコードしており、グルタミン酸のα-ケトグルタル酸とアンモニアへの酸化的脱着を触媒するミトコンドリアマトリックス酵素である。この酵素は、アミノ酸誘導性インスリン分泌の調節に重要な役割を果たしています。この酵素は、ADPによってアロステリックに活性化され、GTPやATPによって阻害されます。この遺伝子の活性化変異は、先天性高インスリン症の一般的な原因である。この遺伝子の代替スプライシングは、複数のトランスクリプトバリアントをもたらす。ヒトX染色体上の関連するグルタミン酸デヒドロゲナーゼ2遺伝子は、レトロトランスポジションを介してこの遺伝子に由来し、グルタミン酸デヒドロゲナーゼの可溶性形態をコードしている。関連する偽遺伝子が10番染色体、18番染色体、X染色体上で同定されている。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る

ABclonalのその他の関連商品

Monoclonal Antibodies

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。