組換え抗原試薬 RP01234
研究用凍結乾燥されたプロテイン

組換え抗原試薬
組換え抗原試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
組換え抗原
用途
研究用
フォーマット
凍結乾燥された
検査パラメータ
プロテイン, 免疫グロブリン, pH

詳細

概要 製品名 - 組換えマウスCD86/B7-2タンパク質 カタログ番号 - RP01234 説明 - マウス CD86/B7-2 組換え蛋白質は、HEK293 細胞発現系を用いて作製されました。マウス CD86/B7-2 (Accession #NP_062261.3) の配列 (Val24-Glu245) を C 末端に 6×His タグで融合させて発現させています。 生体活性 - 機能性 ELISA 法による結合能により測定。2 μg/mL (100 μL/well) で固定化した組換えマウス CD86 は、8-35 ng/mL の線形範囲で組換えヒト CTLA-4 に結合することができます。 純度 - > 97% SDS-PAGEで。 エンドトキシン - LAL法によるタンパク質の0.1 EU/μg未満。 製法 - PBSの0.22μmろ過溶液、pH7.4から凍結乾燥。 ご要望に応じてカスタマイズした製品形態や処方についてはお問い合わせください。 種別 - マウス 背景 CD86 は、B-lymphocyte activation antigen B7-2(B70 とも呼ばれる)としても知られており、細胞表面免疫グロブリンスーパーファミリーのメンバーです。CD86は抗原提示細胞によって発現し、T細胞の細胞表面にある2つのタンパク質、CD28抗原および細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4のリガンドである。 このタンパク質とCD28抗原との結合は、T細胞の活性化のためのcostimulatory signalである。このタンパク質と細胞障害性Tリンパ球関連タンパク質4との結合は、T細胞の活性化をネガティブに制御し、免疫応答を低下させる。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る

ABclonalのその他の関連商品

Catalog Proteins

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。