ポリクローナル抗体試薬 A3194
ウェスタンブロット法用免疫蛍光用プロテイン

ポリクローナル抗体試薬
ポリクローナル抗体試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
ポリクローナル抗体
用途
ウェスタンブロット法用, 免疫蛍光用
検査パラメータ
プロテイン

詳細

概要 商品名 - SETD2 ラビット pAb カタログ番号 - A3194 宿主種 - ウサギ 精製方法 - アフィニティ精製 アイソタイプ - IgG 背景 ハンチントン病(HD)は、線条体ニューロンの喪失を特徴とする神経変性疾患であり、HDタンパク質であるハンチンチンのポリグルタミン管の拡張によって引き起こされる。この遺伝子は、WWモチーフを特徴とするハンチンチン相互作用タンパク質のクラスに属するタンパク質をコードしています。このタンパク質は、ヒストンH3のリジン36に特異的なヒストンメチル化酵素であり、この残基のメチル化は活性クロマチンに関連している。このタンパク質はまた、新規な転写活性化ドメインを含み、高リン酸化RNAポリメラーゼIIと関連していることが明らかにされている。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る

ABclonalのその他の関連商品

Polyclonal Antibodies

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。