抗体試薬 A2361
緩衝液ウェスタンブロット法用免疫組織化学用

抗体試薬
抗体試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
抗体, 緩衝液
用途
ウェスタンブロット法用, 免疫組織化学用, 免疫蛍光用

詳細

概要 商品名 - モノメチルヒストンH3-K27ウサギpAb カタログ番号 - A2361 宿主種 - ウサギ 精製方法 - アフィニティ精製 アイソタイプ - IgG 背景 ヒストンは、真核生物の染色体繊維のヌクレオソーム構造を司る基本的な核内タンパク質です。核小体は、4つのコアヒストン(H2A, H2B, H3, H4)がそれぞれ1対ずつからなるヒストン八量体の周りに約146bpのDNAが巻かれて構成されています。クロマチン繊維は、リンカーヒストンH1とヌクレオソーム間のDNAとの相互作用によってさらに圧縮され、高次のクロマチン構造を形成しています。この遺伝子はイントロンレスであり、ヒストンH3ファミリーのメンバーである複製依存性ヒストンをコードしている。この遺伝子からの転写物はポリA尾を欠いており、その代わりに回文終端要素を含んでいる。この遺伝子は、染色体6p22-p21.3上のヒストン遺伝子クラスターにある他のH3遺伝子とは別個に位置している。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。