1. 整形外科関連
  2. 外傷学
  3. 脛骨髄内釘
  4. Aesculap®/ビー・ブラウン

脛骨髄内釘 Targon® TX
近位部末端

脛骨髄内釘
脛骨髄内釘
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

関節 / 骨
脛骨
骨の部位
近位部, 末端

詳細

Tibia/Targon® TX 脛骨骨折のための骨内爪システム 新しいTargon® TXは、脛骨の非常に近位および遠位領域への髄腔内釘打ちを進めながら、固定安定性を大幅に改善することを目指しています。 近位ロックねじの多方向位置により、異なる破壊レベルに調整可能な骨折の絶対角度安定な固定が保証されます。 短い釘は、固体と缶詰で利用可能であり、ターゲティングデバイスを介して完全に連動することができます。 長い爪はキャナレーションされています。 圧縮および動的固定用の近位スライド穴により、個々の溶液の安定した骨折処理が可能になります。 色分けされた人間工学に基づいたインストゥルメントは、作業中にワークフローを容易にし、インストゥルメントの取り扱い時に直感的な方向付けを可能にします。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Aesculap®の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。