気相クロマトグラフィー用自動サンプラー 7697A
研究所用

気相クロマトグラフィー用自動サンプラー
気相クロマトグラフィー用自動サンプラー
気相クロマトグラフィー用自動サンプラー
気相クロマトグラフィー用自動サンプラー
気相クロマトグラフィー用自動サンプラー
気相クロマトグラフィー用自動サンプラー
気相クロマトグラフィー用自動サンプラー
気相クロマトグラフィー用自動サンプラー
気相クロマトグラフィー用自動サンプラー
気相クロマトグラフィー用自動サンプラー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
気相クロマトグラフィー用, 研究所用

詳細

7697Aヘッドスペースサンプラ Agilent 7697A ヘッドスペース・サンプラーは、市場をリードする GC および 7693A 自動液体サンプラー・ラインのアーキテクチャをベースにしています。自動リークチェック機能を搭載しており、分析前に各バイアルが漏れなく、精度や感度を損なうことなく分析を行うことができます。 代替キャリアガスオプションにより、キャリアガスとして水素を安全に使用できます。優先サンプルポジション機能により、重要なサンプルの到着が遅れても可能です。気圧補正機能により、実験室の圧力変化を正確に把握し、複数の実験室で毎日一貫した結果を得ることができます。 特徴 7697Aヘッドスペースサンプラ12バイアル容量構成は、学術研究室や少量のサンプルを扱う研究室に最適です。 3つの優先度サンプルを持つ標準111サンプル構成 シーケンス中にトレイを交換してサンプル容量を増やすことができます。 水素キャリアと自動スリープ/ウェイクモードは、貴重な研究資源を節約します。 Agilent OpenLAB CDS ソフトウェアおよび Agilent MassHunter ソフトウェアによるソフトウェア制御 Waters Empower™ 2ソフトウェアとWaters Empower™ 3ソフトウェアによるソフトウェア制御 バイアルの加圧とカラムヘッドの圧力を独立して制御することで、サンプル搬送中に背圧がかからないようにし、精度を向上させます。 自動バイアルリークテストは、加圧中に各バイアルをチェックし、時間をかけて校正することなく、すべてのサンプルが適切にキャップされていることを確認します。 データ転送機能を備えたサンプルバーコードリーダーでは、オーブンに入る前にサンプルを追跡することができます。 1回のGCスタートで最大100回までの抽出が可能な複数のヘッドスペース濃度(MHC)は、より完全なサンプリングと感度の向上を可能にします。

---

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。