頸椎用椎体間ケージ
前方進入PEEK製

頸椎用椎体間ケージ
頸椎用椎体間ケージ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

脊椎
頸椎用
外科学的アプローチ
前方進入
素材
PEEK製

詳細

生体適合性の高いピークインプラント材料で製造されています。 最適なグラフトスペース チタンピンでサポートされた特殊な表面パターンにより、最大の保持力を実現 H4, H5, H6, H7, H8 5種類の高さの選択肢 12x12、12x14、13x15、14x14、14x16の5種類のWidth x Lengthオプション PEEK素材で製造されており、頚椎の手術適応のための固定具です。チタンピンと特殊な表面デザインにより、骨の保持・支持領域を最大限に確保しています。人間工学に基づいて設計されたドライバーにより、迅速かつ容易に、そして効果的なインプラントが可能です。そのデザインのおかげで、グラフトギャップが最適化されています。5種類の高さ(H4、H5、H6、H7、H8)と5種類の幅/長さ(12X12、12X14、13X15、14X14、14X16)が選択できます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Aledaの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。