静脈学用レーザー Iccy 1470
静脈瘤治療用軟組織手術用ダイオード

静脈学用レーザー
静脈学用レーザー
静脈学用レーザー
静脈学用レーザー
静脈学用レーザー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
静脈学用, 静脈瘤治療用, 軟組織手術用
増幅媒体
ダイオード
エルゴノミクス
台車付き

詳細

最小限の侵襲性レーザー療法のハイライト。 Iccy 1470 — その最高の状態で治療. 静脈瘤は美容上の問題だけでなく、重度の痛み、脚の腫れ、重さ、静脈性湿疹、静脈性潰瘍、静脈炎および血栓症などの重大な臨床合併症を引き起こす可能性があります。 重度の症例では、血栓症は致命的な結果を伴う肺塞栓症を引き起こす可能性がある。 ICCY1470を用いたレーザー誘起静脈収縮(LIVS)は、静脈瘤の治療のための低侵襲的な方法であり、手術直後に患者が正常な生活に戻ることを可能にする。 水中での高い吸収のために1470nmの波長を使用すると、静脈に付随的な損傷を与えることなく、滑らかで正確な治療が保証され、痛みやあざなどの術後症状を最小限に抑えることができます。 ダイオードレーザは、半導体 ダイオードのp-n 接合によって活性媒体が形成される電気ポンピングされた半導体レーザ装置です(LEDに使用されるものと同様)。 それらは、半導体材料の微視層で作られており、交互に正と負に偏 光され、その極性が電気刺激によって反転されたときにレーザー光を放出する。 さまざまなダイオードレーザは、可視範囲から赤外線範囲で異なる波長のレーザー光を生成します。 しかし、1470nmは、 軟部組織の気化、切開および凝固を必要とする外科的用途に最も適した波長です。 深部組織浸透レーザー療法とは異なり、1470nmの波長は組織内の水に高く吸収されます。 その結果、周囲の組織への損傷を最小限に抑えて、発熱が局在し制御されます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Alna-Medicalsystem GmbHの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。