円筒形歯科インプラント Classic
チタン製内側1サイクル

円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

形状
円筒形
素材
チタン製
接合部
内側
用途
1サイクル
直径

最大: 5 mm (0.2 in)

最少: 3.3 mm (0.13 in)

長さ

最大: 16 mm (0.63 in)

最少: 8 mm (0.31 in)

詳細

3D表面は歯科インプラントの表面処理の技術の最も最近の生成を代表する。 表面は活発であり、親水性、明瞭な層にされた微小孔のある構造を特色にする。 インプラント表面の酸化物の層の厚さは10-12ミクロンに達する。 微小孔は酸化物の層の全体の厚さによって育つ。 結合するとき、それらは多層の表面を作成する。 これは微小孔でそして間でより深く育つ骨の多いティッシュを可能にする。 従って、インプラント表面積はかなり高められる。 それぞれ、骨の多いティッシュ間の接触およびインプラント表面は増強される。 チタニウムの酸化膜はカルシウムhydroxyapatiteと富む。 ショー3Dの表面を刺激するすぐに高い機械安定性を促進するインプラント表面中の活動的な骨の成長を研究する。 表面のこの特性は第一段の議定書の下でかなりインプラント設定内の危険を減らすことと同様、より早い日付に整形外科のリハビリテーションを、行うことを割り当てる。 上部のインプラント古典に皮層の層のためのmicrothreadがある。 インプラントのボディは根定形である。 0.6 mmの糸ピッチが原因でインプラントはシリンダー定形である。 このインプラントは最初のタイプの骨で主に使用される、すべてのタイプの骨でまた使用されるかもしれない。 頂点の部分の糸の三角の形が原因でインプラントにセルフ・タッピングの質がある。

---

ビデオ

カタログ

Dental implant
Dental implant
88 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。