看護治療用シミュレーター 6940.24
動脈血圧測定実習用評価

看護治療用シミュレーター
看護治療用シミュレーター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
看護治療用
医療処置
実習用, 評価, 動脈血圧測定
形状

詳細

血圧シミュレータ フィジカルアセスメント教育用のシミュレータで、学生に血圧測定を教える際の不安を解消します。 改良された機能は以下の通りです。 コントロールユニットの設計変更と耐久性の向上 簡単な校正手順 触診可能な橈骨パルス オプションの外部スピーカー この本物そっくりのシミュレータでは、収縮期と拡張期の両方の圧力の値をプリセットすることができます。 実際の臨床経験の前に、血圧音を聞いて聞き分ける練習をするのに最適な手段です。コロトコフの5つの相を聞き分けることができます。生身の人間を相手にする場合、血圧を聴診することが困難な場合が多く、学生の習熟度を正確に評価することができず、学生の自信を喪失させてしまうことがあります。本機では、あらかじめ設定された結果を確認することができ、講師は生徒が正確に処置を行ったかどうかを確実に把握することができます。電子的に発生させた音はデジタルで記録されます。 コントロールユニット インストラクターは以下のことができます。 収縮期と拡張期の設定 脈拍数の調整 音量の調整 肺活量ギャップのオン/オフ 血圧計の種類に関わらず、簡単に校正が可能 学生の皆さん。 通常の手順で腕にカフを装着する 橈骨部の脈を確認する カフをポンプする リリースバルブで圧力を作動させる 血圧計で圧力を読み取る 腕のスピーカーから任意の聴診器でコロトコフ音を聴取する。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Altay Scientificの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。