再置換人工臼蓋 1020 series
セメントレス

再置換人工臼蓋
再置換人工臼蓋
再置換人工臼蓋
再置換人工臼蓋
再置換人工臼蓋
再置換人工臼蓋
再置換人工臼蓋
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

手術のタイプ
再置換
固定タイプ
セメントレス

詳細

説明 通されたコップはさまざまな外傷、伝染および骨粗しょう症の場合の股関節(寛骨臼の部分)の cementless 機能回復のために意図されています。 建設 スレッドカップは、寛骨臼の解剖学に最大限適応し、切除する骨構造の量を最小限に抑えることを目的として、上部に球状のセグメントを持つ切り詰められた円錐状に設計されています。 セルフカット糸 コニック形状のカップには、このような形状と段差のあるセルフカットスレッドがあり、著しい骨粗鬆症の場合でも安定したカップの固定を可能にします。 多孔質チタンインサート カップのリングはポリマーの挿入物(UHMW PE、ISO 5834/2)と使用されます。 ポリマーインサートの球状セグメントは、寛骨臼での完璧な固定を提供し、骨組織の深い成長を目的とした多孔質チタン構造を持っています。気孔は、骨の自然な栄養を維持し、新しい組織を構築する血液の無制限の流れによってリハビリテーションを容易にするように設計されています。 カップの二酸化チタンコーティングとポリマーインサートの多孔質チタン構造は、優れた生体適合性と並外れた耐食性を提供します。 ネジ付きカップは純チタン(ISO 5832/2)で製造されており、整形外科で最も生体適合性の高い材料の一つです。ポリマーインサートはUHMWPE(ISO 5834/2)で製造され、インサートは多孔質チタン(ISO 5832/2)で作られています。材料の特性についての詳細は、使用されている材料をご覧ください。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Altimedの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。