1. 研究室
  2. 臨床検査医学
  3. 顕微鏡光源
  4. Andor Technology PLC /オックスフォード・インストゥルメンツ

顕微鏡光源 MicroPoint 4
光遺伝学用レーザーコンパクト

顕微鏡光源
顕微鏡光源
顕微鏡光源
顕微鏡光源
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
顕微鏡, 光遺伝学用
光源
レーザー
特性
コンパクト

詳細

MicroPointは、現場で実績のある柔軟な光刺激ツールを提供します。特許取得済みのコンパクトで波長選択が可能なパルス窒素ポンプ色素レーザを搭載しており、365~656 nmの波長範囲でアブレーション、退色、およびアンケージングを行うことを可能とします。 EU圏内では、MicroPointは研究目的でのみ利用でき、商業用途には利用できません。 概要全体 > レーザー同時照射、顕微鏡観察、および画像取得 システム移動時にアライメントを維持する光ファイバー伝送による低メンテナンス性 手動でのビーム位置決めまたは自動パターン生成による迅速なセットアップ z軸望遠鏡が提供するアブレーションと照明面のユーザ制御 電動式可変アッテネータースライドによる照射エネルギーの正確な制御 MicroPointは、現場で実績のある柔軟な光刺激ツールを提供します。特許取得済みのコンパクトで波長選択が可能なパルス窒素ポンプ色素レーザを搭載しており、365~656 nmの波長範囲でアブレーション、退色、およびアンケージングを行うことを可能とします。 MicroPointは、広い波長範囲とエネルギー制御により、各種のシナリオに最適化できます。また、適切なダイクロイックフィルターセットを使用することで、資料のイメージングと光刺激を同時に行うことが可能です。MicroPointには、Leica、Nikon、Olympus、およびZeissの現行と旧世代の顕微鏡に対応したUV-Visイメージング品質Epi照明用アダプターを選択することができます。 MicroPointシステムは、波長可変パルスレーザ、カップリングレンズ、ビームステアリングレンズ、顕微鏡アダプター、ビームスプリッターと干渉フィルターの選択肢、およびスポットサイズと出力を調整するための電動式または手動式のアッテネーターで構成されています。MicroPointは以下の2つのバージョンがあります。 サンプルターゲットでの照明の角度と空間の位置合わせは、2軸ジョイスティックを使用して手動で制御します。このマニュアルバージョンは、ガルボまたはブルートゥース制御へのアップグレードが可能です。 ガルバノメータベースのビームステアリングは、PC制御により提供され、他の実験パラメータと同期して正確かつ再現性の高いレーザーアブレーションや照明を実現します

カタログ

この商品のカタログはありません。

Andor Technology PLC の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。