ボール状粉砕機 BM500
研究所用製薬産業用食品産業用

ボール状粉砕機
ボール状粉砕機
ボール状粉砕機
ボール状粉砕機
ボール状粉砕機
ボール状粉砕機
ボール状粉砕機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

技術
ボール状
応用
研究所用, 製薬産業用, 食品産業用
オプションとアクセサリー
卓上, 低温

詳細

ボールミルBM500 日常用途にも研究用途にもオールラウンドに対応する粉砕・均質化装置 BM500は柔らかい繊維質の材料から硬くてもろい材料まで、様々なサンプルの粉砕及び均質化を目的とする、汎用性の高いラボ向けボールミルです。簡素化された操作原理により、乾式、湿式、さらには極低温式の粉砕プロセスを迅速に処理できます。 BM500は様々なアプリケーションに適合するオールラウンドな粉砕機として、日常のアプリケーションや研究のアプリケーションに自在に対応します。材料や前処理の設定に応じて、最終粒度約1 µmが達成可能です。 1つのノブの操作で全ての設定を実行 ロータリープッシュボタンを操作するだけで、粉砕と均質化を適切に実施するためのプロセスパラメーターを全て設定できます。 簡単かつ直観的な操作を可能にする設計のため、すぐに操作を習得しエラーを最小限に抑えることができます。これにより日常のルーチン作業にメリットをもたらします。 ミルのステータスは3つのステータスLEDに常時表示されます。 同時モードのメリット BM500には同時モードがあり、2種類の個別のサブサンプルをまったく同じ方法で処理することができます。これにより様々なメリットが得られます。例えば、大量のサンプルを一度に粉砕する、またはサンプルバッチ1回分をバックアップ及びコントロールサンプルとして残すなどの処理が可能になります。 BM500で処理できる最大のカップ容量は2 x 50 mLです。

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。