強制空気実験用培養器 ICF 200
卓上

強制空気実験用培養器
強制空気実験用培養器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
強制空気
設置
卓上
温度域

80 °C (176 °F)

容積

200 l (52.8 gal)

詳細

ICF 200 強制循環インキュベーター プラスバージョン 特徴 作業範囲。周囲温度以上5℃~80℃。正味容積200リットル37℃での温度変化37℃での温度変化:±0.3℃、37℃での温度の均一性:±0.4± 0.4 °C.ステンレス製のドアと広いガラス窓デジタルPIDコントローラシステム、調整キーの数が限られているため、パラメータ設定が簡単です。設定温度、実質のもの、および他のすべての操作パラメータの同時読書のための広いバックライトを当てられたLCDディスプレイ。視覚および可聴アラームは、オペレータによって無効にすることができます。プログラミング1分の範囲でデジタルタイマー - 99時間と59分。加熱サイクルの開始時に遅延を設定する可能性。温度リミッターはサンプルの保護のためにオペレータによって調節可能な仕事(機能 '安全な温度')。 安全クラス3.1: 最高温度用の流体膨張リミッター。内部温度の制御または証明書に外部温度センサーを挿入するための標準的な屋根の上に直径5 mmの通路の穴。棚板は完全に取り外し可能なステンレス製で、清掃が容易です。ワイヤー棚が2枚付属しています。外形寸法(幅×高さ×奥行):945×870×755mm。重量103 Kg。230V / 700W。 37℃での校正報告書、Accredia認証の機器で実施。 プラスバージョンでは、各10ステップ(温度、時間、ファン回転数)で記憶できる7つのプログラムと、1つの運転ステップ(温度、時間)でさらに基本的なプログラムが追加されています。130℃での殺菌のための特別プログラム。 梱包・輸送を含む。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。