経頭蓋超音波ドップラー TCD-X
着用型塞栓探知機付

経頭蓋超音波ドップラー
経頭蓋超音波ドップラー
経頭蓋超音波ドップラー
経頭蓋超音波ドップラー
経頭蓋超音波ドップラー
経頭蓋超音波ドップラー
経頭蓋超音波ドップラー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
経頭蓋
形状
着用型
オプションと付属品
塞栓探知機付

詳細

30年以上にわたりドップラー装置を製造しているAtys medicalは、Rune Aaslid博士と共同で、初の経頭蓋ドップラーホルターを開発しました。 TCD-Xは、その究極の携帯性により、スポーツや日常生活に従事する外来患者の経頭蓋ドップラー信号を数時間記録する新しい可能性を提供します。 TCD-Xは、組み立てが簡単で、操作もシンプルです。 より簡単なドプラ信号の探索 ドップラープローブはロボット化されています。 ドップラー信号を探すために、可能なすべての方向を自動的にスキャンします。 最適な信号の上に位置します。 記録時間 プローブを頭部に固定する方式なので、かさばらず、快適です。 装着後30分以内に痛みを誘発する従来のヘッドフレームに比べ、はるかに快適です。 見た目はメガネのフレームです。患者さんは数時間、とてもよく耐えてくれます。 これは塞栓検出のための重要な機能で、塞栓を記録する確率は記録時間に比例する。 記録時間はプログラムすることができます。訓練されたオペレータの助けがなくても、記録は適切に停止する。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。