血管病変用レーザー SDL-G
ダイオード卓上ミリ秒

血管病変用レーザー
血管病変用レーザー
血管病変用レーザー
血管病変用レーザー
血管病変用レーザー
血管病変用レーザー
血管病変用レーザー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
血管病変用
増幅媒体
ダイオード
エルゴノミクス
卓上
パルス幅
ミリ秒

詳細

治療原理 レーザー血管治療の原則は、選択的な光熱分解理論にあります。 顔面血管治療における主要な標的色相は、血管内の赤血球に存在するオキシヘモグロビンである。 色素子はレーザーエネルギーを吸収する必須物質です。 適切なパルス幅とエネルギーは、異なる熱緩和時間に従って設定されます。 その後、血管は周囲の組織を傷つけることなく損傷を受けます。 標的物質によるレーザー吸収の曲線(右図)によれば、オキシヘモグロビンは900nm-1000nmにおいてはるかに高い吸収間隔を示す。 したがって、980nm半導体レーザは、顔面血管除去のための理想的な治療効果を有する。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。