研究室用遠心機 LC-8™
診療所血液卓上

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, 診療所
サンプルのタイプ
血液
設定
卓上, コンパクト
速度

最少: 400 rpm (2,513.3 rad.min-1)

最大: 5,000 rpm (31,415.9 rad.min-1)

最大遠心加速度(g)

1,500 unit, 3,070 unit

長さ

36.5 cm (14.4 in)

29.5 cm (11.6 in)

高さ

21 cm (8.3 in)

詳細

最大5,000rpmのデジタルスピードコントロール ローターが止まるまで蓋が開かない、安全なリッドロック機能 独自のエアフロー設計により、サンプルを冷却 8本のチューブを収納可能、最大15mlのチューブに対応 仕様 (400-5000rpm / 3070 xg)-。 容量-15ml×8本-。 加速/減速:9秒/25秒/ 9秒/25秒 (19秒/39秒)-。 スピードインクリメント:100rpmまたは100rcf タイマー:20秒~99分/ 連続 - モーメンタリ - はい 重量:15ポンド/6.8kg 電源 - 115Vまたは230V 50-60Hz、150W 保証期間:2年間 ベンチマークのLC-8シリーズは、臨床および研究室での幅広い用途に対応できるように設計された実験室用遠心分離機です。8ポジションのローターが付属しており、10mlと15mlの試験管(円錐形または丸底)を直接受け入れるように設計されています。また、オプションのアダプターを使用すれば、一般的なサイズの採血管や培養管を使用することもできます。このクラスのコンパクトな遠心分離機の多くは、ローターをチャンバーから簡単に取り外して洗浄することができます。 バックライト付きの液晶ディスプレイにより、設定されたランタイムと回転速度を完全にコントロールできます。回転速度はrpmまたはrcfで設定/表示でき、加速/減速レベルは高度な設定モードで簡単に調整できます。 安全性を確保するために、デジタルマイクロプロセッサーは、遠心分離サイクルを開始する前に、蓋が閉じられているか、安全蓋ロックがかかっているかを確認します。さらに、高度なアンバランス検出システムがバランスと振動を常に監視し、アンバランスが検出された場合はローターを自動的に停止させます。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。