脳波図ソフト MRI 3.0
解剖学MRI用分析

脳波図ソフト
脳波図ソフト
脳波図ソフト
脳波図ソフト
脳波図ソフト
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
脳波図, 解剖学, MRI用
機能
分析, 可視化, インポート
その他の特徴
自動

詳細

BESA MRIは、脳波および/またはMEGソース解析に使用できる個々の頭部モデル(BEM / FEM)を生成するためのソフトウェアです。BESA MRIはまた、個々のMRIデータとの脳波/MEGデータの共同登録、および個々の解剖学のBESAリサーチで生成された双極子ソリューションの可視化を可能にします。BESA MRIは、統合されたワークフローにより、簡単で直感的なインターフェースを提供する初めてのソフトウェアです。 MRIデータのインポートは、DICOM、ANALYZE / NIFTI、VMRリーダーで簡単に行えます。BESA MRIで自動処理されるMRIデータの準備には、簡単な作業手順が必要で、通常は数分で完了します。BESA MRIの自動処理は、ユーザーが準備したすべての被験者に一度に適用することができるため、ユーザーがコンピュータで作業する時間を最小限に抑えることができます。 BESA MRIの自動セグメンテーションには、スキャンアーチファクトを補正するための自動不均一性補正が含まれており、高品質の皮質と頭皮の再構成を生成し、オプションで皮質のインフレーションを行うことで可視化を強化し、オプションのステップでは、3層(頭皮、頭蓋骨、脳-BEM)または4層(頭皮、頭蓋骨、CSF、脳-FEM)の個々の頭部モデル(BEM、FEM)を生成することもできます。 BESA MRI 3.0は、BESA Research 7.1および7.0と組み合わせて動作します。BESA MRI 3.0で生成された個々の頭部モデル(BEM、FEM)は、BESA Research 7.xでインポートして、脳波および/またはMEGソースの解析を行うことができます。脳波/MEGデータは、個別にデジタル化された電極位置または頭部形状ポイントを使用して、個別のMRIデータと共同登録することができます。

---

カタログ

MRI 3.0
MRI 3.0
20 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。