緩衝液試薬 MIELODEC
固定液脱灰液組織学用

緩衝液試薬
緩衝液試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
緩衝液, 固定液, 脱灰液
用途
組織学用
その他の特徴
液体

詳細

骨髄生検のための固定剤および脱解剤 -試験回数 容積比: 試料容積/固定容積:50 試料容積/解約溶液容積:50 -処置時間:3時間15分 -製品の有効期間:2年 -貯蔵温度:15〜25℃期待される目標 光学顕微鏡のための細胞組織学的試料の調製のための製品. 血液学的疾患研究における骨髄生検のための固定剤脱石化応用. 原則 このキットには、固定剤とデカリファイアの2つの試薬が含まれています。 -造血組織にはB5固定剤が推奨されています。バッファ溶液中にホルマリンと水銀が含まれています。 塩化水銀の濃度は、脱石化プロセス中に水銀がセクションに沈殿しないように、提案された手順時間が続くことを条件として選択されています。 -脱カルシファイアは、酸バッファーにE.D.T.A.(エチレンジアミンテトラセ酸)を含有する。 脱石化プロセスは、酸性環境におけるキレーションによって行われ、組織病理学的ルーチンのために著しく短い時間で組織形態を保持します。 方法 1)試薬A(固定剤)に描いた直後に骨髄を入れる:90分間放置する。 2)溶液Aから断片を抽出し、70°エタノールに15分間入れます(断片は無期限に 残すことができます)3)試薬B(脱解剤)に生検を入れます:90分間行動します。 4) 昇順アルコールを介して脱水する, キシレンでクリアとパラフィンに埋め込む 注意:提案された手順時間は、骨髄生検のシリンダー上でテストされています 3 mm厚, クリスタ腸骨髄と胸骨から取ら. コンパクトな骨や大きな断片については、脱石時間を延長する必要があります。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

BIO-OPTICA Milanoの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。