ドライバス付サーモスタット CH 3-150
研究室用卓上デジタル

ドライバス付サーモスタット
ドライバス付サーモスタット
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

分野
研究室用
設定
卓上
ディスプレイ
デジタル
その他の特徴
加熱, 冷却, エッペンチューブ用, マイクロチューブ用, 試験管用, プログラム可能
温度域

最少: -3 °C (26.6 °F)

最大: 150 °C (302 °F)

詳細

コンビサーム-2 CH 3-150は、分析方法に従って - 3 ℃ ~ + 150 ℃ の温度で材料を熱安定化するように特別に設計されています。 有用な機能を取得し、機器の足跡を減少させるCombitherm-2は、共通の外部本体の内部だけでなく、共通の電子回路基板に組み合わせた2つの独立した冷却および加熱プラグインサーモブロックで構成されています。 フロントキーボードの左側は、冷却プラグインブロックのパラメータを設定し、右側はプラグインブロックを加熱するためのパラメータを設定します。 どちらも独立して規制されており、各プログラムの温度と時間を含む最大 16のプログラムを実現できます。 ペルチェ技術は室温より低い冷却に使用され、PCBは + 150 ℃ までの加熱に使用されます。 冷却および加熱部品を互いに分離することにより、機器の耐久性と新しいプログラムを設定した後の温度変化の速度が向上します。

---

ビデオ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。