CBCTスキャナー Airo®
手術中スキャン用32スライス移動式

CBCTスキャナー
CBCTスキャナー
CBCTスキャナー
CBCTスキャナー
CBCTスキャナー
CBCTスキャナー
CBCTスキャナー
CBCTスキャナー
CBCTスキャナー
CBCTスキャナー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

システム
CBCTスキャナー
応用
手術中スキャン用
スライス数
32スライス
オプション
移動式

詳細

Mobile intraoperative CT Airoは脳神経外科手術や脊椎手術そしてトラウマ外科手術に適したCT装置で、あらゆる手術室で利用できるようにデザインされています。高画質のCT画像が執刀医に自信をもたらし、高度な技術が必要な低侵襲手術をサポートします。 軟部組織を正確に撮影 Airoは軟部組織に適したCT値で撮影するので、脊椎手術で特に有用です。脳神経外科手術やその他の手術でも、意思決定の際にこの画像が役立ちます。撮影範囲がD50 x 100 cmとなっているので、1回のスキャンで脊椎全体を観察することができ、3D Cアーム装置よりも骨や筋肉を鮮明に可視化できます。 軟部組織に適したCT値で撮影 撮影範囲はD50 x 100 cm 脳神経外科手術、脊椎手術、トラウマ外科手術での撮影に最適 手術台に合った仕様 革新的なデザインにより、このタイプの装置ではガントリー開口部を最大にとりながらも、ガントリーを含めて装置全体はスマートになっています。ガントリーには、X線管、32列のヘリカルスキャン検出器、高電圧装置、冷却システム、バッテリーパックなどのカスタムコンポーネントを内蔵しています。 手術台に完全対応しているため患者を移動させずにスキャンでき、撮影の再現性が高くなります。 大型のボアサイズ(107 cm) 全体はコンパクト(1.5 m²) 特許取得のスリムなガントリー(30.5 x 38 cm) Trumpf社の手術台システムTruSystem 7500に完全対応 手術室向けに最適化した特許取得の冷却システム 通常の電源コンセント(単相100~240V) 移動時のAiroシステム フレキシブルに移動 サスペンションでコントロールするAiroには軽く押すだけで移動できるように、電気式のセントラルホイールを取り付けています。また、使いやすいコントロール用ソフトウェアをインストールしているので、1人でAiroを別の手術室に移動させることもできます。 電動式のセントラルホイール 1人でも移動が可能 前面カメラで安全に移動 通常サイズのドアもエレベーターのドアも通り抜け可能

カタログ

AIRO
AIRO
10 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。