X線顕微鏡 SKYSCAN 2214
製薬産業用3D卓上

X線顕微鏡
X線顕微鏡
X線顕微鏡
X線顕微鏡
X線顕微鏡
X線顕微鏡
X線顕微鏡
X線顕微鏡
X線顕微鏡
X線顕微鏡
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

種類
X線
応用
製薬産業用
観察技術
3D
設定
卓上
オプションとアクセサリー
タッチパネル付き
オプションとアクセサリー
高解像度

詳細

ナノスケールの3D X線顕微鏡 究極のパフォーマンスを実現 視野、分解能、X線加速電圧 300 x 400 mm 最大サンプル搭載サイズ SKYSCAN 2214は、サンプルが大きくても小さくても、幅広いサンプルを可視化する柔軟性を備えています。 160 keV 透過力 透過力の強い高いX線加速電圧が可能なW、高分解能のための小さな焦点径が達成可能なLaB6フィラメントを素早く切り替えることができます。 <500 nm 空間解像度 解像度を定義する方法は様々ありますが、本当に重要なのは3Dモデル内で2つの構造を見分ける能力を示す空間分解能です。 KYSCAN 2214 - ナノスケール3D X線顕微鏡 マルチスケールX線顕微鏡SKYSCAN 2214は、超高分解能スキャンから、大型サンプルサイズにも対応した多目的システムです。そのため、地質学、複合材料、電池、電子部品、さらには肺や血管などのライフサイエンス分野等、幅広い分野の3Dイメージングに活用されています。 300mm径のサンプルが搭載可能で、12mm径以下のサンプルは、ピクセル分解能500nm以下で高分解能測定を実現します。 X線源は、高分解能に貢献する小さな焦点径が可能な、ダイヤモンドウィンドウ開放型ナノフォーカスX線源を搭載しています。500nm以下の焦点径は、優れた空間分解能に寄与します。 X線検出器は、最大4種類搭載でき、目的に応じて選択できる柔軟性の高い設計です。分解能と視野が異なる3台のCCD検出器と大面積のフラットパネル検出器1台から選択します。 検出器の可変スキャンジオメトリーや位相回復法など多彩な機能は、測定時間の短縮や画質の向上に貢献します。 SKYSCAN 2214には、観察、画像解析に必要なあらゆるソフトウェア3D. SUITEが含まれているため、いつでもパーフェクトな状態で3D XRMソリューションを手に入れることができます。

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

BRUKER AXSの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。