ストレステストソフト BTL CardioPoint-Ergo E600
心臓病診断用可視化

ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
ストレステストソフト
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
ストレステスト, 心臓病
機能
診断用, 可視化, 分析

詳細

E600ストレステスト・ソフトウェアは、多くの革新的な診断機能を備えています。患者の人口統計学に基づいて、予測される最大負荷を自動計算することができます。患者のテストスコアをリスクスコアリングツールで評価して、患者の死亡率とCAD発症のリスクを推定することができます。QTモジュールでは、タンジェント法を使用してQTセグメントを正確に測定できるため、必要に応じて専門施設でE600を使用することができます。ユーザーインターフェースは使いやすく、ソフトウェアはRAM、HP Cosmos、Lodeなどの主要な自転車やトレッドミルと互換性があります。)それは不整脈を検出して分析し、虚血を検出するためのSTマップが含まれています。E600では、カスタマイズできる最終レポートを提供してくれるほか、高度なST診断機能も搭載しています。 BTL CardioPoint-Ergoは、新世代の高度なコンピュータベースのストレステストシステムです。シンプルな操作と多数の自動化された機能により、医師は検査中に患者に集中することができます。その高度な診断機能は、CAD(冠動脈疾患)のリスクを確実に定義するために、検査から最大限の情報を引き出すのに役立ちます。 主な機能 BTL心電図との互換性 標準構成では、BTL CardioPoint-Ergoには以下が付属しています。 BTL-08 SD3 ECG。このECGは、独自のサーマルプリンタと内蔵バッテリーを特徴としており、必要に応じてコンピュータから独立してポータブルデバイスとして使用することができます。SD1を除く他のECGモデルも、追加機能が必要な場合はCardioPoint-Ergoに接続することができます。 STマップ STマップは、水平面と垂直面にSTセグメントの偏差を表示します。これは、STセグメントの偏差に関連する一般的な病態を簡単かつ迅速に認識するのに役立ちます。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。