抗体試薬 GST-Trap
ウェスタンブロット法用動物実験生化学

抗体試薬
抗体試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

応用
抗体
用途
ウェスタンブロット法用, 動物実験, 生化学
試験パラメータ
プロテイン

詳細

グルタチオンS-トランスフェラーゼ研究のための新しい結合 タンパク質 GST 融合タンパク質の分析 — 住血腫のグルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST)へのタンパク質の融合は、タンパク質の溶解度と発現レベルを高める一般的な技術です。このタグは、GST融合タンパク質のアフィニティタグの追加機能にも役立ちます。GSTの結合は歴史的にその天然基質グルタチオンSHによって達成されたが、現在では通常従来の抗体を用いて行われる。GST-fusionは、タンパク質-タンパク質相互作用研究や生化学的分析によく用いられる。どちらのアプローチも、GST-融合タンパク質を単離して検出するための非常に特殊なツールが必要です。従来のアプローチでは、通常、重い鎖や軽い鎖の汚染物質が生じます。GSTトラップを使用すると、30分以内に、これらの汚染物質を完全に排除し、よりクリーンな結果を得ることができます。時間を節約し、労力を節約し、よりクリーンな結果を得ましょう! GSTトラップの成功の秘訣は、ナノボディと呼ばれる超高親和性のカメリ科抗体フラグメントの使用です。GSTトラップは、従来のマウスモノクローナル抗体よりも最大10倍の純度と収率で免疫沈降、免疫浄化、免疫プルダウン実験に使用することができます。ナノボディトラップは、様々な原材料と互換性があり、哺乳類の細胞、組織・器官、細菌、酵母、さらには植物にも使用できます。これらの試薬により、GST融合は免疫沈降、Co-IP、質量分析、酵素活性の測定に最適です。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。