電子聴診器 E-Scope

電子聴診器
電子聴診器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

ヘッドの特徴
電子

詳細

E規模、電子工学の聴診器-聴覚障害モデルは音を音響の規模の大声で増幅できる30倍まで。 このE規模は多数様式のヘッドホーンによって使用することができる。 聴診器の上の3.5mm (1/8」)のモノラル音の出力ジャッキはE規模にヘッドホーンを接続する(描かれる)。 Cardionicsのヘッドホーンは聞いている間ユーザーが補聴器を設置されている残すことを可能にする。 ヘッドホーンは耳の三半規管の目標以上の成果を上げるまたは耳は補聴器とのこうして干渉を形成する。 このE規模は耳(ITE)、これらのheadphones.*のCICおよびの後ろ耳(BTE)の補聴器によって首尾よく使用されている E規模にユーザーが特定の範囲内の中心または呼吸健全な頻度に集中することを可能にするコントロールフィルタスイッチがある。 制御ボタンは聴診器の頭部で位置する。 容積はまた聴診器の頭部で制御される。 E規模は動力を与え、125 dBの最大出力との64の可能な容積の位置に有するたびに正確な同じ容積の設定に残るように設計されている。

---

カタログ

E-Scope
E-Scope
1 ページ
E-Scope EMS
E-Scope EMS
1 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。