胸郭不全症候群治療用肋骨用プロテーゼ IDS System
子供用

胸郭不全症候群治療用肋骨用プロテーゼ
胸郭不全症候群治療用肋骨用プロテーゼ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
胸郭不全症候群治療用
患者のタイプ
子供用

詳細

IDSシステム(インターリブ・ディストラクション・スタビライザー)は、骨格的に未熟な患者の胸部不全症候群(TIS)の治療に使用されます。 IDSシステムを使用することで、以下のことが可能になります。 - 胸腔容積を増加させます。 - 脊柱管狭窄症を矯正します。 - 胸郭機能を向上させます。 - 成長を阻害する手順を避ける - 胸部対称性を得る。 - 正しい肺の発達 徴候 - 凹んだ融合肋骨を持つ進行性の胸部先天性脊柱管狭窄症 - 進行性胸部先天性脊柱管狭窄症 - 進行性の胸部先天性、神経原性または特発性の脊柱側弯症。 - 以下のような胸部低形成症候群 - ジャーチョ・レビン症候群 - ジュヌ症候群。 - 軟骨形成不全症です。 - エリス・ヴァン・クレベルト症候群 - 後天性胸壁欠損症 - 胸壁腫瘍切除術 - 外傷性フレイル胸 - 結合双生児の外科的分離 IDS素子は、高い生体適合性と機械的強度を特徴とするチタン合金Ti6Al4Vで作られています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ChMの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。