動物研究用身体活動モニター / 保持器付き
Opto-M4

MyMedicalExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
動物研究用身体活動モニター / 保持器付き 動物研究用身体活動モニター / 保持器付き - Opto-M4
{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    動物研究用

  • オプション:

    保持器付き

詳細

一般情報
コロンバス・インスツルメンツ Opto M4は、幅広いセンサー長と構成(前世代のOpto M3の後継)をサポートする、人気の高いマルチチャンネル・アクティビティ・モニターの最新の実装です。 最大 32 チャンネルがサポートされており、各チャンネルの外来数と合計数の両方を提供します。 通信は、CIバスプロトコル(MDIソフトウェア)を使用したシリアルRS-422を介して行われます。 ケーブル配線は、25 ピンシールドケーブルで Opto M4 に接続する 8 チャネルハブを使用することで簡素化されます。 センサーケーブルは便利なRJ-45コネクタを使用し、センサーの電源はOpto M4コントローラから信号ケーブルを介して供給されるため、外部電源は不要です。 このシステムに固有なのは、センサーを再配置して各ケージのカバレッジを変更する機能です。 たとえば、20 ケージ X 軸のみのシステムを再構成して、10 個のケージ内の X 軸と Z 軸を測定できます。 追加のセンサーとブラケットを購入して、ケージの数やケージあたりの適用範囲を増やすことができます。 Opto M4は、他のCIバス対応機器と統合して、給餌質量/発作、飲料量、VO2、VCO2などの複数の測定パラメータを組み込むこともできます。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)

その他の製品Columbus Instruments

Animal Products