スクリューシリンダータイプ Versatile
チタン製インターナル六角形狭い

スクリューシリンダータイプ
スクリューシリンダータイプ
スクリューシリンダータイプ
スクリューシリンダータイプ
スクリューシリンダータイプ
スクリューシリンダータイプ
スクリューシリンダータイプ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

形状
円筒・円錐
素材
チタン製
接合部
インターナル六角形
形状
狭い, スパイラル
機能
セルフドリリング
直径

3 mm, 3.3 mm (0.12 in)

長さ

10 mm, 11.5 mm, 13 mm, 16 mm (0.39 in)

詳細

汎用インプラント 多目的インプラントは、VIとも呼ばれ、幅広い臨床骨タイプ、場所、および増殖に適合するように設計された歯科インプラントを指します。 VI本体は、標準的な円筒形の外ねじ径を持つ狭い円錐形のコアで設計されています。骨結露を促進するために、コアはより先細です。 VIデザインは、通常、デュアルスパイラルチャンネル、マイクロスレッド、プラットフォーム切り替え、ドーム型の頂点を備えた垂直および水平のねじ切りを備えています。 これらの機能は、セルフタッピング機構を促進し、VI製品の即時の安定性を高める。 さらに、新しいVIは、水平溝と溝付きねじ切りを提供します。 VI技術の利点としては、鋭い糸と子宮頸部から頂部までスパイラル深化、切削能力の向上、骨からインプラントへの接触の改善による一次安定性の向上などがあります。 プラットフォーム切り替え機構により、歯肉組織のサポートシステムへのシームレスな適応を可能にし、子宮頸骨の再吸収を防ぎます。 溝付き糸は、一次安定化中の骨の安定化を促進し、インプラント接触までの骨の量を増加させ、それによってオッセオインテグレーションを強化する。 2つのスパイラルチャンネルが存在し、セルフタッピング切断スレッドはインプラントの配置を容易にし、一次安定性を高めます。 多目的インプラントは、45°の中央穴を持つ円錐形の内部六角接続を提供します。歯科表 面:異なるサイズの粒子のHA粒子(可溶性)のユニークな組み合わせを使用して、「グリットブラスト」で表面粗さを実現します。 このプロセスにより、表面に最適な構造粗さが生み出され、生体適合性粒子(HAやTCPなど)の取り込みが可能になります。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。