脛骨圧迫プレート VA-LCP™
前側面末端ロッキング

脛骨圧迫プレート
脛骨圧迫プレート
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
脛骨
骨の部位
前側面, 末端
固定
ロッキング
素材
金属製

詳細

2.7mm/3.5mm可変角度LCP® 足首外傷システム 2.7mm/3.5mm VA LCP® 足首外傷システムは、以下からなる包括的なめっきシステムです。 中位の遠位脛骨プレート前 方遠位脛骨プレート遠位脛骨プレート遠位脛骨プレート 遠位脛骨Tおよび Lプレート横側遠位腓骨 プレートプレートはDePuy Synthes可変角度ロック圧縮(VA LCP)システムの一部であり、可変角度ロックスクリュー技術と従来のメッキ技術を融合しています。 このプレートはステンレス鋼で入手可能で、解剖学的形状と形状が特徴で、遠位および限定接触シャフトに沿っても特徴です。 可変角度LCPプレートのシャフト部分のコンビ穴は、動的圧縮ユニット(DCU)穴と可変角度ロックねじ穴を組み合わせて、軸圧縮と可変角度ロックの柔軟性を提供します。 遠くのように、固定角構造は、従来のねじ固定が制限される小さな形而上シールおよび骨端シールセグメントの固定を容易にするように設計されています。 K線穴は、関節破片の減少を暫定的に維持し、遠位脛骨および腓骨に対するプレートの位置を確認するために、直径1.6mmまでのワイヤを受け入れる。 プレートは、形而上シール領域ではあまり厚くない関節周囲プレートであり、主に形而上シールまたは脛骨シャフト骨折の治療には理想的ではない。 これらは主に関節傷害の治療のためのものです。

---

Depuy Synthesのその他の関連商品

Trauma

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。