video corpo

頸椎椎体間固定インプラント / 前方
CONDUIT™

MyMedicalExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
頸椎椎体間固定インプラント 頸椎椎体間固定インプラント - CONDUIT™
{{requestButtons}}

特徴

  • 脊柱:

    頸椎

  • 外科学的アプローチ:

    前方

詳細

CONDUIT™ Interbody Platform | EIT™

セルラーチタン3Dプリント細胞チタンインプラントは、80%の多孔質マクロ、マイクロおよびナノ構造を特徴とし、皮質骨および癌

骨を模倣し、融合を促進するように設計されています。1,2 骨模倣細胞チタン材料 — 細胞構造 —材料は、骨の公表された特性を模倣し、融合の

優れた可視化を促進するように設計されている — はっきりと干渉することなく、イメージング

モダリティに術後ケージを視覚化する能力3,4 弾性のターゲットモジュール — キャンセラスに似た弾性の弾性率骨(図1)
マクロ構造

表面粗さは、同様の粗いチタン材料で培養された骨芽細胞様細胞のインビトロ研究における細胞分化および増殖に有益な効果


を有することが示されている MICROSTRUCTURE in vitro研究では、より大きな骨芽球性であることが報告されている固体チタン表面と比較した類似した多孔質チタン構造物で培養されたヒト幹細胞における分化9

類似した多孔質チタン材料を用いたIn-vivo研究では、成長中の骨が500~700μm
の細孔サイズ範囲で増加することが示されている。10-12癌性ヒト骨は、典型的には50〜90%13
この公表された科学に基づいて、CONDUIT™ インプラントは、80%の多孔率と700μmの細孔サイズ
ナノストラクチュ

ールで設計されており、ナノスケールの特徴を有する類似したチタン材料は、インビトロ研究で示されており、骨芽細胞の接着性の増加につながっています。従来のチタン材料15

すべてのCONDUITインプラントは酸エッチングと熱処理を受け、マイクロおよびナノスケールの表面粗さを促進します

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)