大腿骨用圧迫プレート
近位部ロッキング金属製

大腿骨用圧迫プレート
大腿骨用圧迫プレート
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
大腿骨用
骨の部位
近位部
固定
ロッキング
素材
金属製

詳細

• プレートの特徴 • 2つの近接プレート穴はねじ切りで、7.3 mmのねじ穴を受け入れます (ロック、円錐全ねじ、または円錐部分ねじ)。 •3番目のロック穴は、5.0mmの缶詰ロックネジを受け入れるようにネジ止めされています。 (このスクリューの必要性は、破壊構成によるものであり、術前の計画中に特定する必要があります)。 •プレートのシャフトの穴は、穴のネジ部に5.0ミリメートルロックネジとDCUの4.5ミリメートルの皮質ネジを受け入れるコンビホールです。近 位fémurの後期側面に近似するようにnatomicに輪郭を描いています。 •左右のフェミュールのために特別に設計されたプレートは、平均的なフェモラルネック反転。 •プレートの長さは、セグメンタイ骨折パターンにおける骨髄全体のスパンニングを可能にします。 ロックねじの使用は、骨の品質とは無関係に角度のある安定した構造のオプションを提供します。 プレートを張って荷重分散構成を作成できます。 インプラント品質の316LVMステンレススチールとチタン製。 3つの近接ねじ穴は次の通りです。•プレートシャフトの角度: •最初の近接穴(7.3mm):95° •2番目の近接穴(7.3mm):120°3 番目の近接穴(5.0mm):135°

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

EgiFixの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。