アナログ実験用スロープ ヒーティング マントル MQ series
ケルダール消化用

アナログ実験用スロープ ヒーティング マントル
アナログ実験用スロープ ヒーティング マントル
アナログ実験用スロープ ヒーティング マントル
アナログ実験用スロープ ヒーティング マントル
アナログ実験用スロープ ヒーティング マントル
アナログ実験用スロープ ヒーティング マントル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

ディスプレイ
アナログ
機能
ケルダール消化用

詳細

マクロ・ケルダール抽出装置は、食品のタンパク質含有量を測定するために、マクロスケールでケルダール抽出用に設計されています。 2または6つの凹部を有するこれらのマルチバンクユニットは、直径 12.7mmの支持棒を保持することができ、バックマウントブラケット(各ユニットに付属)を備えたステンレス鋼の外側ケーシングを有する。 2と6の凹部モデルの両方で利用可能な2つのボリュームサイズがあります。1つは100 〜 300mlの容器、もう1つは500 〜 800mlの容器です。 各加熱マントルには、オン/オフスイッチとアンバーネオンインジケータを組み込んだ独自のエネルギーレギュレータがあります。 フロントパネルには「Mains On」の透明なネオンインジケータもあります。 ユニットの下部には、各凹部の専用コントローラが設置されています。 この「クールゾーン」ハウジングは、ステンレス製のスクリーンと換気の良い空気スペースによって加熱要素から分離されています。 発熱体は、カートリッジに縫い付けられた熱絶縁素子ワイヤで構成され、550° C 〜 800° Cの最大素子温度範囲まで動作します。 すべてのMQ Macro-Kjeldahl 機器モデルは、電気ショックからユーザーを保護するためにアーススクリーンを組み込み、余分な二重融合されています 安全(MQ3868B/Eは除き、230Vモデルとしてのみ利用可能)。 頑丈なステンレススチールのアウターケーシングは耐久性があり、お手入れが簡単です。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。