有機材料分析装置 CHS-580
硫黄炭素水素

有機材料分析装置
有機材料分析装置
有機材料分析装置
有機材料分析装置
有機材料分析装置
有機材料分析装置
有機材料分析装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

測定可能パラメータ
硫黄, 炭素, 水素
応用
生物学, 食品産業用, 製薬産業用, 環境分析用
設定
卓上

詳細

ELTRA社CS-580は 有機材料中の炭素と水素と硫黄の成分分析を同時に行うのに理想的な装置です。. サンプル量が500mg以上あれば、均質化されていないサンプルでも分析可能です。セラミックチューブをもつパワフルな水平式抵抗炉で、温度は1℃から1,550℃まで段階的に設定できます。 最大3機の独立した赤外線セル (IR) を搭載しているため、お客様の測定法に合わせてカスタマイズできます。多様なアプリケーションに対応できます。 アプリケーション例 オイル, コークス, ゴム, スス, タバコ, プラント材, 廃棄物, 石炭, ... 長所 最小のサンプル調製で炭素、硫黄、水素の成分分析が同時に可能 広範囲の有機物の分析ができます。 迅速かつ正確で信頼のおける成分分析 抵抗炉は最大1550 °Cまで1 °C毎に設定できます。 赤外線セルのカスタマイズによって、ダイナミックで広い測定範囲 金メッキ赤外線セルにより、ハロゲンや酸含有試料分析時でも長寿命 パワフルな専用ソフトウェア (多言語, ディスプレイをカスタマイズ可, 測定結果データをエクスポート可) 1点校正と多点校正が可能 簡単なメンテナンス 品質管理や実験室で使いやすい頑丈なデザイン 機能 CHS-580の操作 セラミックボートにサンプルをのせると、インターフェースで接続された天秤で秤量され、データが コンピュータに転送されます。この測定重量は必要であれば、マニュアルで入力することも可能です。サンプルはその後、炉中で燃焼されます。サンプルに もよりますが、通常、測定時間は60秒~180秒です。 検出器の信号が点灯し、パラメータが分析中にディスプレイに表示されます。検出の評価と、分析結果の表示は自動で行われます。分析結果データを 、お客様のラボラトリー情報管理システム(LIMS)に転送することも可能です。CHS-580はメンテナンスをほとんど必要としません。 粒子フィルターと試薬の交換は簡単にできます。 CHS-580の測定方法 CHS-580では、サンプルは酸素雰囲気の中で、最大1,550℃で燃焼されます。 温度は1℃毎に選択できます。 炉から出た燃焼後のガス(CO2, H2O, SO2)はまずダストフィルターを通過して、H2Oは赤外線セルに行きます。 水分が化学的に吸収された後、乾燥した CO2 と SO2 ガスが、付属の赤外線セルで検出されます。構成成分によって、炭素/硫黄検出を行う赤外線セルの感度の組み合わせは最大3つまで可能です。

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。