補助用ロボットアーム EPROB
ガイド低侵襲手術用

補助用ロボットアーム
補助用ロボットアーム
補助用ロボットアーム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

機能
補助用, ガイド
応用
低侵襲手術用

詳細

EPROBロボットアーム+AIは、EPED Inc.ファミリーの新しいメンバーです。10年近く前から生産され、精度、安全性、低侵襲手術に重点を置いて開発された機能のほんの一部です。 EPROBロボットアーム+AIは、ロボット支援による低侵襲手術を行う先進の外科手術システムです。ロボットアームは、ナビゲーションシステムで処理された正確な座標とパラメータによって制御され、外科医はさまざまな種類の脳手術に必要な器具を完全に管理することが可能です。 このシステムは、手術部位の高倍率3D高精細ビューを提供し、外科医が手術中に1つの小さな切開口から器具を誘導することを可能にします。 EPROBロボットアーム+AIは、外科医が経験に導かれ、合併症を引き起こす可能性のある人為的なエラーを減らすことで、低侵襲手術をより良く、より速く行うためのイノベーションです。 従来のフレームを使った手術に比べ、手術時間を4時間近く短縮できることが研究により証明されています。 脳内出血(ICH) 自然発症の脳内出血は、脳卒中全体の10~15%を占める壊滅的な疾患ですが、死亡率や障害率は不釣り合いなほど高くなります。脳内出血は、脳卒中全体の10~15%を占め、死亡率や障害も大きい病気ですが、画像診断(MRI)により、危険な部位を狙い撃ちし、脳の損傷や合併症を未然に防ぐことが可能です。 腫瘍の生検 癌の早期診断、早期発見、早期治療のために、医師の知覚と手先の器用さが問われます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

EPEDの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。