オービタルサーモミキサー ThermoMixer® F
サンプル準備用卓上デジタル

オービタルサーモミキサー
オービタルサーモミキサー
オービタルサーモミキサー
オービタルサーモミキサー
オービタルサーモミキサー
オービタルサーモミキサー
オービタルサーモミキサー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

動作の特徴
オービタル
応用
サンプル準備用
タイプ
卓上
ディスプレイ
デジタル
速度

1,500 rpm, 2,000 rpm
(9,424.8 rad.min-1, 12,566.4 rad.min-1)

温度域

最大: 45 °C
(113 °F)

最少: 20 °C
(68 °F)

詳細

多くの日常的な混合と加熱を行っていますか? これらの製品は、日常的なアプリケーションで混合、加熱する場合に最適です。EppendorfThermoMixer F0.5/F1.5/F2.0およびFPは、0.5/1.5/2.0 mL チュープとプレート用にそれぞれ固定ブロックがあります。加熱カバーEppendorf ThermoTop(オプション)を使用すると、小さい容器での凝縮液形成を信頼性高く防止できます。 試料調製ルーチンを行いますか? 日常的にお使いになる容器が0.5/1.5/2.0 mLチューブであってもプレート(MTP、DWP)であっても、Eppendorf ThermoMixer F製品系列はあなたのアプリケーションに対して良いソリューションを提供します。 ルーチン作業負荷を簡素化できます。 アプリケーション バクテリアや酵母の培養 酵素反応 バクテリア菌種とプラスミドの形質転換 DNA、RNAおよびタンパク質の変性 100 °Cでの溶解反応 核酸およびタンパク質のラべリング 細胞と組織のProteinase K消化 ペレットの再懸濁 タンパク質定量分析時のミキシング ELISAアッセイ 特徴 0.5/1.5/2.0 mL (F0.5/F1.5/F2.0)マイクロチューブまたはプレート(FP)での加熱とミキシング 最大1,500 rpm (F1.5/F2.0)または2,000 rpm (F0.5/FP)で効率的な試料混合 抜群な2DMix-Control技術で優れる混合パフォーマンス 零れない技術がリッドの濡れやクロスコンタミネーションを防止します Eppendorf ThermoTop (condens.protect®) と互換で凝縮不要の試料取扱い 定義済み温度キー (37 °C、42 °C、56 °C、95 °C) で簡単かつ直感的な操作 最大18 °C/分の高速化熱、待機時間が削減されます Eppendorf PhysioCare Concept®は人間工学的デザインと操作が可能

カタログ

Catalog 2024
Catalog 2024
356 ページ
Catalog 2023
Catalog 2023
358 ページ

見本市

この販売者が参加する展示会

Analytica China 2024
Analytica China 2024

18-20 11月 2024 Shanghai (中華人民共和国)

  • さらに詳しく情報を見る
    *価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。