CO2実験用培養器 CelMate® series
細胞培養用卓上加熱

CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
CO2
応用
細胞培養用
設置
卓上
その他の特徴
加熱, 冷却, エアージャケット方式, ウォーター ジャケット
温度域

最少: 3 °C (37.4 °F)

最大: 60 °C (140 °F)

容積

170 l, 240 l (44.9 gal)

詳細

Escoは、優れたコンタミネーションコントロールを備えたエントリーレベルの細胞培養CO₂インキュベーター、CelMate®、170リットルおよび240リットルの新製品を提供することになりました。これは、限られた予算の中で、細胞培養に最高の保護を提供できるCO₂ インキュベーターをお探しのお客様向けの製品です。 CelMate® CO₂ インキュベーターは、FDA上場、クラスII、510k免除の医療機器です。 VivoCell™ 精密温度、CO₂ 制御、高湿度 競争の中で最高の均一性とコントロール オーバーシュートなしの高速CO₂、温湿度回復 3つのゾーンにグループ化された8つのヒーターとの急速な回復のための直接熱設計 エアジャケットは、周囲の温度変動に対する絶縁を提供します。 VentiFlow™強制対流により、ドア閉鎖後のチャンバー空気のISOクラス5の清浄度への回復を促進し、汚染を防止します。 フィルターされた空気は、加湿プロセスを加速するために水パンを横切って循環します。 培養プレートの周りに空気が穏やかに流れ、細胞培養に支障をきたさない。 扉を開けると送風機が自動停止し、室内空気と室内空気の混合を最小限に抑えます。 シームレスな保護を実現する汚染制御システム SteriSafe™ ULPAろ過により、チャンバー内の空気をISOクラス5の状態に維持することができます。 SwiftCon™ 90˚Cで検証された湿熱除染サイクルは、万が一汚染が発生した場合でも、一晩中稼働して汚染を根絶します(除染サイクル時間は20時間)。(除染サイクル時間は20時間)。 すべての入力ガスは、チャンバーに入る前にインラインフィルターでろ過され、不純物や汚染物質を除去します。 インキュベーターの本体は、Esco 独自の ISOCIDE™ 抗菌コーティングが施された電気亜鉛メッキ鋼で作られています。 チャンバーの内部はステンレス鋼タイプ 304 で作られています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ESCOの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。