趾節間関節関節固定ねじ BE PODヘッドなし分離可能

趾節間関節関節固定ねじ
趾節間関節関節固定ねじ
お気に入りに追加する
比較検索に追加する
参考価格

特徴

用途
趾節間関節
ねじの特徴
ヘッドなし, 分離可能

詳細

ねじのあのポッドの範囲は安定したの、信頼できるおよびosteosynthesisを行うこと容易得ることを試みるときフィートの外科医が見つける問題への特定の応答を提供する 4つはねじを止める: 自己圧縮ねじ、arthrodesisねじ、WeilねじまたはFSAの修正ねじ これらのねじはチタニウムの合金からなされ、biocompatibleである。 徴候 - Metatarsalおよびphalangeal、遠位および近位osteotomies: 最初のmetatarsalのOsteotomies: スカーフ、シェブロン、基盤、ludloff、等… Phalangeal osteotomies、 Weilのosteotomies、 -最初のmetatarsophalangeal接合箇所のArthrodeses、 -修正osteosyntheses。 同じねじがphalangealおよびmetatarsalのosteotomiesを修理するのに使用することができる。

---

カタログ

TYLOS
TYLOS
8 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。