視野計 AP-50
静的視野測定卓上

視野計
視野計
視野計
視野計
視野計
視野計
視野計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
視野計
検査のタイプ
静的視野測定
エルゴノミクス
卓上

詳細

AP-50はデスクトップモデルで、軽量で、緑内障診断に理想的な近代的な静的自動化された境界線と職業医学と多忙な移動臨床医の特定の要件を完全に備えています。AP-50はLEDバックプロジェクション方式を採用しています。固定の制御は、内蔵カメラを使用して自動的に行われるか、死角の位置を制御することで行われます。データ解析機能を内蔵しており、回帰分析や標準化された方法で検査結果を表示・印刷することができます。ペリメーターAP-50は、Windowsオペレーティングシステムを搭載したPCで動作します。 新しい測定ボウル設計による装置サイズの縮小 楕円形の測定ボウルは、装置のサイズを大幅に縮小しながらも、AP-50の診断値は全視野の境界線に匹敵します。患者の視界の完全な中央30度と50度までの拡張により、初期の緑内障では病気の進行の早い時期に開始されることが多い鼻のステップを正確に検査することができます。 小型・コンパクト・軽量 AP-50の寸法はわずか548 x 382 x 450 mm、重量はわずか9kgで、遠隔地を含むいつでもどこでも簡単に持ち運び、セットアップ、設置が可能な理想的な卓上型臨床ツールです。 環境光条件の要求が少ない 楕円形の測定ボウルは、試験室の照明条件を低くする必要があります。電子制御の背景照明により、安定した測定条件を確保します。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。