溶存酸素電極 ET1117
ストレート型

溶存酸素電極
溶存酸素電極
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
溶存酸素
形状
ストレート型

詳細

化学的または生物学的アプリケーション用の伝統的なポラログラフィック(クラーク式)酸素電極。電極は、電流の流れを測定しながら陽極に対して約-0.8 Vに白金カソードを分極する酸素計/プリアンプに取り付けなければなりません。磁気スターバーと予備のメンブレンが付属しています。 溶存酸素は陰極で水酸化物に還元され、銀の陽極は酸化されます。 O2 + 2H2O + 4e _____> 4OH- 4Ag + 4Cl- _____> 4AgCl + 4e そして、その結果生じる電流は酸素濃度に比例します。 代表的な信号:空気飽和水中(25°C)で400±75nA 応答時間: 0 - 98% の完全な応答を 25°C で 60 秒未満で。 陰極:プラチナ 陽極 銀 本体。 ABS樹脂、直径12mm x 長さ120mm ケーブルの長さ: 1 m コネクター。 BNC

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。