血圧監視用カテーテル
中心静脈トリプル ルーメン

血圧監視用カテーテル
血圧監視用カテーテル
血圧監視用カテーテル
血圧監視用カテーテル
血圧監視用カテーテル
血圧監視用カテーテル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
血圧監視用
体の部位
中心静脈
ルーメン数
トリプル ルーメン
全長(mm)

100 mm, 130 mm, 150 mm, 160 mm, 200 mm (4 in)

詳細

ABLE®中心静脈カテーテル(CVC)は、クリティカルケア環境での輸液療法を容易にするために設計された滅菌済みの単回使用専用ポリウレタン製カテーテルです。ルーメン構成、長さ、フレンチサイズ、ゲージサイズなど、さまざまな種類があります。マルチルーメンタイプでは、輸液療法、圧力モニタリング、静脈サンプリング専用のルーメンがあります。CVCは、セルディンガー法で挿入するためのコンポーネントやアクセサリーと一緒にパッケージされています。すべての製品は酸化エチレンで滅菌されています。 ABLE®中心静脈カテーテルは、以下のような治療に使用できます。 - 中心静脈圧のモニタリング - 連続または非連続の静脈輸血 - 採血。 カテーテルは、臨床上の必要性に応じて3つの任意の穿刺ポイントに、セルディンガー法を用いて外科的に挿入されます。挿入部位は: 1.内頸動脈 2.鎖骨下静脈。 3.大腿静脈 体内への挿入期間は30日以内とします。30日を超えると、カテーテルと体内組織が結合し、重大な事故につながる恐れがあります。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Guangdong Baihe Medical Technologyの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。