全有機炭素分析装置 QBD1200
研究所用ベンチトップ型デジタル

全有機炭素分析装置
全有機炭素分析装置
全有機炭素分析装置
全有機炭素分析装置
全有機炭素分析装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

応用
研究所用
設定
ベンチトップ型
その他の特徴
デジタル, タッチスクリーン式

詳細

Hach QbD1200は、超純水や製薬用水から洗浄バリデーションまで、幅広いTOC測定に対応したラボ用TOC計 これまでのTOC試験では、試薬調製などによる試験者の工数、長い分析時間、高いランニングコストが課題として挙げられていました。Hach QbD1200は、お客様が日頃から抱えるこれら課題を解決できるラボ用TOC計です。QbD1200は、精製水や注射用水のTOC測定を行う医薬品工場、飲料水のTOC測定を行うドリンク工場、水道事業者、環境、衛生、研究所など、幅広い業界で利用されています。又、3局適合、PIC/S GMP、21CFR Part11、データインテグリティ対応など、各種ガイドラインや導入要件にも対応したTOC計です。 3局適合に対応した精度と再現性の高い湿式酸化型ラボ用TOC計 従来型TOC計と比較して導入コストと運用コストを大幅に抑えたTOC計 管理PCを利用しないデータ完全性に対応したデータインテグリティに優れたTOC計, 10.4インチタッチパネルと日本語対応による容易な操作性 日常点検作業とTOC分析時間を短縮しTOC試験時間は従来から大幅短縮を実現、検量線評価によるTOC校正は1回/年のみ。校正試験の自動化で作業負荷を大幅軽減

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。