自動サンプル準備システム Auto-Pure32A
研究室用精製卓上

自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

操作
自動
応用
研究室用
用途
精製
設定
卓上
サイズ
マイクロプレート

詳細

磁気粒子処理装置:Auto-Pure32核酸精製システムを使用して、ラボのワークフロー内で低スループットのサンプル調製を自動化します。最大1mlの容量を処理します, ターゲット分子を放出するために50ulまで下がる能力を持ちます, DNAやRNAなどのサンプルは、同時に大きな開始量から単離し、濃縮することができます. Auto-Pure32には、1回の実行で最大32個の処理サンプルをネクレイン酸精製するための96ディープウェルプレートが付属しています。 Auto-Pure32A/Auto-Pure20A/Auto-Pure20Bは、血液、培養細胞または細菌、組織、無細胞体液、植物サンプルなどの異なる出発物質からの磁気分離技術を使用した、DNAおよびRNA精製のためのベンチトップデバイスです。このデバイスは、磁性棒を使用して、結合、混合、洗浄、溶出の様々な精製段階を経て粒子を移送することができ、作業時間を最小限に抑えた溶液を提供します。DNAとRNAの精製は、高品質で高分子量です。 最大1ml、3ml、または5mlまでのサンプル を処理するAuto-Pureシリーズでは、作業量が最大1mlのときに、1回のランあたり最大32サンプルを処理できます。機器の構成を変更できるため、サンプル処理量を最大3mlまたは5mlまで上げて、精製製品の収率を高め、最大20サンプルまでのスループットを得ることができます。 1.7インチのタッチスクリーン 2で使いやすいです。コンピュータ 3なしで非常に簡単な操作(インストール、操作、保守が容易)。非常に高速な抽出プロトコル、サンプルタイプと方法 4に応じて15〜40分/サイクル。 5を簡単に使うためのユニバーサル組み込みプログラム。高純度と優れた核酸収量

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。