研究室用遠心機 Fleta 5
診療所用卓上可動槽式

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, 診療所用
設定
卓上
回転子の特徴
可動槽式
速度

最少: 0 rpm (0 rad.min-1)

最大: 5,500 rpm (34,557.5 rad.min-1)

詳細

臨床遠心分離機 - 最大回転数回転数:5,500rpm - 最大RCF : 6,230 xg - 最大容量容量:32×15 mL - 寸法(幅×奥行×高さ):570×475×325mm - 重量:37kg 製品の特徴 - 病院、大学、および実験室で毎日のルーチンタスクを実行するためのベンチトップ遠心分離機 - 最大5,500 rpm(6,200 xg)まで最適化されたスイングアウトセパレーション - マイクロから50 mLまでのチューブを使用するための大型のアクセサリが豊富にそろっており、柔軟性を最大限に高めています。 - スピードと時間のシンプルなノブコントロール - 急加速・急減速(20/20秒 - BLDCモーターによる静粛性と静音性に優れています。 - 蓋の落下防止構造と蓋の開き具合の微調整が可能 - 表面アルマイト処理されたアルミチャンバー

---

カタログ

hanil catalog 2019
hanil catalog 2019
110 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。