電気刺激装置 HX-350-IFT
手持ち型IF1チャネル

電気刺激装置
電気刺激装置
電気刺激装置
電気刺激装置
電気刺激装置
電気刺激装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

デバイスの種類
電気刺激装置
エルゴノミクス
手持ち型
電気刺激の種類
IF
チャネル数
1チャネル

詳細

急速なINTERFERENTIAL現在の刺激物- DRUG-FREE痛みの軽減 技術が、固定4000Hz流れを植え付けたら刺激をし、調節可能な頻度流れ、皮をより容易に通ることができたりより深いティッシュおよびより少ない不快をもたらすことに達すればHX-350-IFTの携帯用Interferential現在の電気刺激物の使用リハビリテーションは、よりよい痛みの軽減を同様に提供する。 中間周波数のinterferential流れは何であるか。 中間周波数のinterferential現在の療法は2つの高周波流れによって筋肉のマッサージおよび救助の苦痛へ(またベクトル量のinterferential現在かinterferential現在の刺激物IFCを呼んだ)処置発生させる患者の筋肉痛を軽減するのに医者によって一般に使用されているinterferential流れをである。 特徴 深いマッサージのInterferential波 苦痛を直ちに取り除きなさい リハビリテーション技術なら 3つのタイプのリハビリテーションの波形

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。